日本雪崩ネットワーク主催の雪崩業務従事者レベル1を受講してきました。

日本雪崩ネットワーク(JAN:Japan Avalanche Network)は、冬季アウトドア活動の雪崩安全に係わる非営利の専門団体です。雪崩教育・雪崩情報・事故調査・リソースの提供を4つの柱に活動しています。会員は、山岳ガイドやスキーパトロール、救助隊員など現場プロや雪崩研究者あるいは訓練を受けた一般山岳利用者など幅広い人材で構成されています。(JAN・HPより掲載)

レベル1は山岳ガイド、スキーパトロール、捜索救助隊など雪山にかかわるプロフェッショナル向けの講習となります。

今回は白馬村にて7日間の講習を受けてきました。

積雪観察や雪崩埋没者捜索・救助について専門的な講習でした。

座学もみっちり、朝から晩まで頭にたくさんのものを詰め込みました。

最後の二日間は試験が盛りだくさんで緊張させられました。

少ない雪に講習場所が限られましたが、講師の方々のおかげで充実の講習となりました。

学んだ内容をフィールドに生かせるようにさらに研鑽に努めたいと思います。

JANでは積雪情報を出していますので入山前は必ずチェックするようにしたいですね。