八幡平まで縦走して後生掛温泉で疲れを癒す。

湯治も盛んな名湯・後生掛温泉は私の一押しの温泉。

泉質が実に素晴らしくしばらく身体が快調になる。

「荷駄で来て足駄で帰る後生掛」とはよく言ったものです。

御生掛温泉のすぐ裏には地獄めぐりのような散策路がある。

モクモクと水蒸気が上がる。

日本一の泥火山。日々成長している。

翌日は御生掛温泉から焼山を越えて玉川温泉へ。

美しいブナの森から。

原始のかおりを残すベコ平の湿原を通過する。

森を抜けると白濁した湯沢に沿った道となる。

温かい温泉が流れている。

途中に適温の足湯もある。

尾根に上がって山頂を目指す。

途中には色とりどりの池がある。

白・薄緑・茶色・赤茶色・透明などなど。

斜面にはオオイワカガミの群生。

日差しによって目まぐるしく色が変わっていく。

名残峠からしばらく下っていくと…。

玉川温泉の湯けむりが!

岩盤浴ができる屈指の名湯。

最後にひとっ風呂浴びて帰京しました!

熱いお湯だったな~。