桜の便りが届く季節、雪国の山々にも春の訪れを感じる頃となった。

頚城山塊の雨飾山はいまだ豊富な残雪をまとっている。

小谷温泉からスキーを履いて雪の林道をアプローチする。
特徴的な雨飾山の山頂部が頭を覗かせていた。

左から山頂、P1、P2と並ぶ。

P2から手前やや左に降りている尾根が南尾根。下降はP2より白く雪で繋がっているライン。

南尾根に取りつく。ところどころ現れる急斜面に慣れないシール登行で手こずる。

尾根上へ這い上がると広々としたブナの斜面が広がっていた。

P2まではもうひと頑張り必要。

この辺りから風が強くなってきた。

振り返ると北アルプス北部の山々。朝日岳あたりだろうか。

僅かに新雪が降ったのか尾根は綺麗な雪に覆われていた。

P2への登りは雪面が堅いためツボ足で登る。

時折、突風が吹いてあおられる。

雄大な山並みを背負って歩く。

P2へ登りつめると山頂は間近。双耳峰というかバットマンのマーク!?

スキーをデポして山頂へ向かう。

右手、P1直下のバットレスを登る。

アプローチの雪庇もきわどい。

ロープを結んでクライミング。岩は思ったより堅い?

…と思ったら上部は積み木崩し。

全て浮石といってよい。

P1から山頂まではナイフリッジ。

O俣君、百名山ゲット!

海谷山塊方面を望む。

天気は下り坂で吹雪いてきた。

帰り道も慎重に!

下りは華麗なターンを描いて颯爽と!!