既に発売済みですが「山と渓谷」2月号は「単独行者の登山術」がテーマです。

単独行で必要になる技術や方法論がきめ細やかに解説されています。

その中で私が関わらせていただいたのは・・・

「本で単独行を味わう」という特集です!

単独行について書かれた本をいくつかお勧めさせていただきました。

そして山の中で読む本もお勧めしてます。

独り、テントなどで過ごす夜は読書にはうってつけの時間。

私も山小屋やテントで夜な夜な小説を読んでいることも多いです。

静かなひとときは読書もはかどるものです。

最近は本格ミステリー小説を好んで読んでいます。

舞台は大抵、雪に閉じ込められた山小屋や別荘なので自分の置かれているシチュエーションとマッチしていてより物語に入り込めます。

ただ、怖いシーンなのでは余計に怖くなるでほどほどに…。

どんな本をお勧めしているかは購入して確認してくださいね◎