谷川連峰の万太郎山は湯沢方面から望むと端正な三角形をした姿を見せている。

平標山への主稜線の中間に位置する山だがそれほど名が売れていないのは何故だろうか?

頂稜には鋸状の岩稜を連ね独特の風格を持った山だ。

登山口は土樽駅方面から林道を詰めていく。

積雪期は北尾根の末端から入るのが美しいが藪がまだ埋もれていない時分は登山道に沿っていくのが良いだろう。

しばらくは重たい雪。

ツボ足で独りトレースを刻む。

尾根に上がると白く輝く回廊となった。

雪が創り出す芸術作品

こんなお菓子がありそう…

野兎のトレースに導かれ…

隣の谷川岳はたいそう賑わっているようだが、こちらに人の気配はない。

ガスの中から行く先の尾根が浮かび上がる。

にわかにガスが抜けて「井戸小屋の頭」より岩峰を望む。

山は再び白い幕に覆われて姿を隠す。

今日はここまで。

自分のトレースをたどって下りはあっという間。

目的のラッセルはできたので良しとしよう。
年末の山行のよい予行練習となった。

今年は何処まで行けるかな~?