鳳凰三山の稜線から朝陽が昇り岩壁を赤く染める。

見上げる空は青さを増して吸い込まれるようだ。

下部岩壁はbガリー大滝から。

自身としては久しぶりのバットレス。

以前、渋滞を嫌ってcガリー大滝を登ったらなかなか厳しくえらい目に遭った。

弱点をついて緩傾斜帯へと出る。

ここからトラバースして第四尾根へと向かう。

ヒドンスラブを登って大テラスへ。

雲海に富士山が顔を出している。

出だしのクラックは岩場磨かれていて登りにくい。

その後は傾斜の緩いスラブを登る。

つづくピッチも快適なスラブ。

マッチ箱への快適なリッジ。

ここからマッチ箱のコルへ懸垂下降。

素晴らしいロケーションでの懸垂は楽しい!

枯れ木のテラスから城塞ハングへと続く。

ここまでくると後半戦。

易しいが高度感のあるトラバース。

振り返ると後続パーティーがマッチ箱の上に。

最後の核心・城塞ハングを越える。

終了点から山頂方面を望む。

草黄葉が美しい。

ここからは歩いて山頂へと向かう。

秋晴れの下、最高のクライミングができた!!

白根御池(3:30)~下部岩壁取付き(5:30)~大テラス(6:30)~終了点(9:50)~北岳山頂(10:30~10:50)~広河原(14:30) 行動時間・11時間