梅雨明け直前に瑞牆山のマルチを登った。

カンマンボロンのワイルド・アット・ホーム(7P/11b)で同エリアでは入門的なルートと言える

1P目のスラブは11bでいきなり手強いバランシーな体勢からの一手が核心だったが何とか止めてOS。

終了点から上部を見上げる。

3P目・11aは細かいホールドの続くフェース。

4P目・10dはハングを回り込んで終了。ハンギングビレイ。

5P目は核心ピッチで11b。

易しいクラック~スラブ~フェイス~脆いスラブへと多彩な内容。

なんとか落ちずに太陽のテラスへたどり着く。

 

 

雨がぱらつきかけるが辛うじて持ちこたえる。

易しいワイドクラックと怖いトラバースを経てピークに立つ。

なかなか立てないカンマンボロンのてっぺん。

右に大面岩。向こう側に十一面岩。

最後はシングルロープで豪快に懸垂。

どうやって回収したんだ~!?

なんとか全ピッチオンサイトできました◎