日本を離れてカナダへと移住し数十年。

「アルパインクライミングの締めくくりとして若かりし頃、登り残した一ノ倉の壁を登りたい。」

そんな希望を叶えるために谷川岳へと足を向けた。

そんな思いを汲んでくれたのか絶好の登攀日和となった。

この時期のアプローチは雪渓を利用できるのですこぶる快適だ。

テールリッジは日差しをまともに受けて灼熱のアプローチとなった。

数パーティーが先行するがほとんどが中央稜に取りつくようだ。

アプローチとは言え油断できない岩場がある。

不安視されたブロックは落ちきっているようで壁の状態は良好。

いざクライムオン!

登るほどに風も出てきて快適な環境に。

この高度感が心地よい。

最後の難所を越えれば終了点は近い!

思いを遂げて充実の登攀となりました。

 

明日に延ばしてもいいのは、

やり残して死んでもかまわないことだけだ。

- パブロ・ピカソ -