かつての甲斐駒ヶ岳登拝路は、黒戸尾根を登って八合目御来迎場から第一バンドを渡り、摩利支天から山頂に達した後に黒戸尾根を下るものだった。

現在、その道をたどるのは赤石沢奥壁を攀じるクライマーに限られる。

摩利支天へと続く消えかけた「御中道」と呼ばれる信仰の道をたどった。

早朝に、七丈小屋を発ち八合目・御来迎場の手前で御来光を望む。

八合目の崩れた大鳥居。

私が初めて訪れた20年前は確かに建っていたように思う。

踏み跡をたどって八丈バンドへ。

赤石沢奥壁が圧巻。

雪解けして間もない道は草も寝ていて滑りやすい。

道もまだシーズン前で踏まれておらずか細いばかり。

トラバース最低部となる左ルンゼから行く先を伺う。

気になるのは残雪の状況。

常に敗退を視野に入れながら、進んでいく。進退窮まってからでは遅いのだ。

振り返ればまた壮観。

一番の懸案であった摩利支天のコルへの詰めの雪渓。

状態は直前になるまで死角になっていて伺うことができない。

幸い雪は概ね溶けていて問題ない状態だった。

駒ケ岳山頂を背に摩利支天へ向かう。

白く輝く花崗岩には真っ青な空が良く似合う。

辺りを覆っていたガスは晴れ駒ケ岳山頂は当然として北岳・仙丈・塩見まで見晴らすことができた。

梅雨の最中、各地の山は雨模様であったが、ここだけ晴れているような具合であった。

端正な山容、輝く白砂、見上げるほどの巨岩、いにしえから人々を惹きつける名峰の中の名峰。

日本屈指の標高差を持つ厳しい黒戸尾根の下り。

ところどころに咲く花たちが彩を添えて、疲れた身体を癒してくれる。

黒戸尾根の妖精が「またおいで!」と囁きかけてくれた気がした…。