表妙義縦走

日本三大奇景に数えられる妙義山は荒々しい岩肌が連なり奇岩の林立する独特の姿を見せている。
その稜線をたどる表妙義縦走は多くの垂直に近い鎖ばを持ち、アップダウンも激しいため技術・体力おもに北アルプスの難ルートを凌ぐ厳しいコースである。その為、バリエーションを志す者にとっては格好の道場となっている。

場所)群馬県松井田町

適期)4月~5月、10月~12月

集合)道の駅・みょうぎ 6:00   ※できる限り前泊して下さい

行程)妙義神社(434m)…大の字…大のぞき…タルワキ沢のコル…相馬岳(1104m)…鷹戻し…東岳…中ノ岳…石門分岐…東屋…金鶏橋…妙義神社  約10時間       ※中ノ岳神社からタクシーも可

宿泊)前日からご参加の方は民宿泊  ※前日に裏妙義縦走、星穴めぐり、木戸岩右カンテをお勧めします

解散)道の駅・みょうぎ 17:00 または松井田駅 17:15

定員)2名

参加費)24,000円(お一人当たり) ※参加者1名の場合は38,000円で催行致します。
※別途経費8,000円必要です。

レベル) 体力 ♥♥♥  歩行技術 ◆◆◆

※バリエーション装備表はこちら

お申込みはこちら