北穂高岳・東稜

涸沢から北の方を見上げると通称・ゴジラの背と呼ばれる岩稜がある。北穂高岳・東稜の稜線だ。
北穂東稜は穂高の入門的なバリエーションルートとして人気がある。終了地点が北穂高岳の山頂であることもその理由だろう。山小屋でのコーヒーは格別のものがある。


北穂小屋のテラスから見た前穂北尾根。コーヒーは極上。

適期)5月~10月前半 (5月~6月は残雪登山)

集合)上高地バスターミナル 9:00    (12:00集合で横尾・北穂小屋泊りのプランも可能です)

行程)
1日目:上高地…横尾…本谷橋…涸沢ヒュッテまたは涸沢小屋 6時間15分
2日目:涸沢…北穂東稜…北穂高岳…涸沢  約 7時間
3日目:涸沢…横尾…上高地  約5時間

※ご希望に応じて前穂北尾根と合わせたプランもあります(この場合2泊3日)

解散)上高地 13:00

定員)2名

参加費)78,000円  定員2名 (1名から催行致します)

レベル)中級  体力 ♥♥  技術 ◆◆◆◆

 ※別途ガイド経費として約34,000円(お一人につき約17,000円)必要です。

バリエーションルート装備表はこちら ※残雪状況に応じてアイゼン・ピッケルが必要です。

お申込みはこちら