「Chere Couloir 」は Triangle du Tacul の入門的なクラシックルートである。
まずは身体を慣らすという意味合いもあるが、他に氷の状態が良いルートの選択肢がなかったとも言える。

今シーズンのシャモニー周辺は氷の発達が極めて悪く、随分ドライなコンディションとなっている。

Triangle du Tacul

ルートは右端に位置しているが、クーロアール(岩溝)は陰になって見えない。

取り付きは斜度は緩いがガラスのように硬い氷。

傾斜がない分、足への負担が大きくふくらはぎが張ってくる。

80mほど登りクーロアールの入り口へ。

ピッチグレードは易しいが氷がない分テクニカルな部分があった。

核心を抜けると氷も厚く快適になった。

 

開放的で美しいピッチ。

 

 

上部の雪田は雪が深いためここまで。

同ルート下降しミディへ登り返したが、ロープウェイの時間ギリギリで休むことなく登り続けたので、随分ときつかった。