少し告知が遅くなってしまいましたが、山と渓谷社「ワンダーフォーゲル 2019 2月号」の特集記事の監修をさせていただきました。

テーマは「危険ヵ所を通過するときのロープワーク」。

クライミングやバリエーションルートではない一般登山道でも山には危険がいっぱいあります。

そんな時に最低限の装備とロープワークを覚えておけば、安全に切り抜けることが可能になります。

初心者を引率するリーダーなどは是非とも覚えておきたい技術と言えます。

例えば、沢沿いの登山道が崩壊していたら…。

雨で岩場が濡れ危険な状態だったら…。

度胸と気合で乗り切るのではなく技術を使って安全に通過できたらかっこいいと思いませんか?

さまざまなシチュエーションに対応できてこそ、一人前の登山者・リーダーと言えるのです。

興味のある方はご購入をお勧めしますよ!

購入したい方はこちら!

直接、学びたい方、より深く学びたい方はこちら!