恒例のガイド技術研究会。

今回は科学的?な見地から。

場所はようやく雪が積もって滑れるようになった谷川岳・天神平にて。

初日は環境に左右されにくい条件で。

翌日は雪上で。

ビーコンチェックも忘れずに。

ロードセルという荷重を測定できる装置を導入。

様々な条件でいろんなことをやってみました。

天気が良いので山頂にも行きたくなるけど我慢!

5人寄れば文殊の知恵か!?

結果、いろいろなことが分かったり分からなかったり。

引き続き、模索し続けようと思います。