今年、初めて開催されたマウンテン ファーストエイド キャンプ(以下MFC)へ参加してきました。

MFCのイベント主旨は以下の通りです。

・背景:登山を楽しむ人口は増えているが、それを受け入れる山岳会、講習会等の学べる場は少なく、山岳域における事故・遭難が増加している。ファーストエイドやレスキューの基礎技術を応用を学ぶ場を講師・ユーザーに双方に提供する。
・目的:山岳エリアにおけるファーストエイドやレスキューに関する基礎から応用の技術・知識を学ぶ研修会です。山岳・登山ガイド、医師、看護師がそれぞれの得意分野で研修し、ある程度成熟した登山者やクライマーが参加し、講師・参加者が共に学びます。

ファーストエイドとクライミング・セルフレスキューの班に分かれて講習をおこないました(共通科目もあり)。


私はクライミング班の講師を務めさせていただきました。

夜はキャンプサイトでバーベキュー&ダッチオーブン料理。

美味しくいただきました。

熱心に学ぶ皆さん。

普段、クライミングを楽しんでもセルフレスキューについては未経験の人が多いようでした。

私自身もレスキューの専門家ではありませんので、至らないところが沢山あったと思います。

できるかぎり受け身の講習とならないように、自分たちで考えてもらえるように工夫したつもりです。

今はやりのアクティブラーニングというものです(‘ω’)ノ

山岳看護師の方々、受講生の方々たくさんの人とお話ができて大変有意義なものとなりました。

皆さんの意欲に刺激され私も更に努力していきたいと思った次第です。