雷鳥坂を登りつめると剱岳の雄姿が目の前に飛び込んでくる。
鋭い岩稜を連ねた山容は誰しも目を奪われることだろう。

源次郎尾根は剱沢から山頂へと延びているが、背後の八ツ峰に重なり一目で判別することは難しい。

剱沢の野営場辺りまで標高を下げると、大きな二つのピークをもった源次郎尾根の存在感が大きくなってくる。

早朝、雪渓を下って源次郎尾根末端より取付く。
下部の樹林帯を抜けると視界がひらけてくる。

 

剱岳周辺の独特の雰囲気に魅了される。


Ⅱ峰への登りの途中、振り返ると後続のパーティーがⅠ峰のピークへ立っていた。


Ⅱ峰から30mの豪快な懸垂下降。


懸垂を終えると後は山頂まで、単調な登りとなるが堅そうな岩場をクライミングして楽しむ。


4時に小屋を発って、9時に山頂へ。


爽やかな青空が広がり気持ちの良い山頂。


遥かな山々まで遠望することができた。


憧れの北方稜線。


山は既に秋の気配。

季節は着実に進んでいるようだ。