上高地から見上げる穂高の姿。

涸沢を取り巻くスカイライン。

その風景は多くの岳人の心に刻まれていることだろう。

 

今回は北穂東稜~前穂北尾根~明神岳主稜と穂高を彩る岩稜を総なめにする欲張りなプラン。

初日は汗をかきながら涸沢へ。

2日目に「ゴジラの背」で有名な北穂東稜へ向かった。

弱点を縫うとあっという間に終わってしまう東稜だが、なるべく強点をついていけばそれなりに楽しめる。


南稜登山道から東稜へ。

途中の大岩は絶好の撮影ポイント。


今回は松本ガイドに同行していただいた。


北尾根をバックに気分も上がる↗


核心部も強点を突いて高度感満点!


ナイフリッジもビビらなければ余裕!


北穂小屋でゆったり優雅にランチタイム。


3日目は長丁場。

3時に小屋を出て6峰でご来光。


グイグイ登ります。


核心部の3峰へ。


余裕で登頂。


急な岩場をクライムダウン。


離れてみるとこんな感じ。


山頂でガッツポーズ!

ちなみに7:30登頂。

ここから明神岳主稜へ。

道は長い…。


明神岳への登り。


明神岳Ⅴ峰にて歩いてきた道を振り返る。

ここから長い南西尾根を下降して上高地へ。

正味12時間30分の行動時間。

しっかりと歩ききった皆さんに特別賞を差し上げます!!

(※賞品はありません。)