ロープワークを基礎から学んできた山岳会の新人メンバーへの講習。

今回は締めくくりとして三つ峠で二日間レクチャーしました。

トポではなく壁を見て弱点を見つける習慣をつけていきます。

まずは基礎の復習から。

ショートルートでのリード&フォロー。そこから懸垂下降の手順を復習します。

覚えているようで忘れてしまっていることが沢山ありました。

実際の山でのクライミングは高度感や気象によるプレッシャーがあって、より完璧に身についていないとスムーズにロープワークをこなすことは難しいものです。

これは合格。

素晴らしいロケーション。

この日は半袖でも暑かった!


カム、ナッツ、ハーケンなどのリムーバブルプロテクションについても講習し、実践してもらいます。


午後はマルチピッチへ。

今までに味わったことのない高度感に体もコチコチ。


慣れないクラックも出てきて必死です。


緊張感は楽しさにもつながるものです。


翌日は打って変わって、寒く強風が吹いていました。

慣れないセットのカムは途中で脱落!しっかりとセットしたいですね。


これもアウトに近いセット。しっかり収まる場所を見極めることが重要。


弱点を突いて三つ峠の山頂へトップアウト。

富士山が見守っています。


最期は懸垂下降。

懸垂はトラブルも多く実はとても難しい技術。しっかりとトラブル対処も身に着けて欲しいものです。

雨が降り出す中スピーディーな作業が求められます。

慣れないながらも下降を続けて地上へ降り立つと…。

最期の最後にドラマが待っていた…。