石灰岩の岩壁に身を寄せ合うように咲く紫の花を見つけました。

名前は「ヒメハギ」といって秋に咲く萩の花に似ているから名付けられたそうですが、別種のようです。

少しピンボケですが良く見ると非常に繊細な造りで美しい花です。

花の大きさは1センチほどでしょうか?

良く見ると鶴が羽ばたいているように見えます。

厳しい岩場の最中にもひと時のやすらぎがあるものですね。

ヒメハギ:ヒメハギ科ヒメハギ属