八ヶ岳の主峰・赤岳へと突き上げる主稜は厳しい西風を受けながらの登攀となります。

冬山でのクライミングの難しさの一つに寒気があるが強風を伴うとそれは倍加するものです。

加えて西面に位置する地理的条件は昼近くなるまで太陽の恩恵を受けられず素早い行動が求められます。

入山初日はジョウゴ沢・F1とF2でアイスクライミング初体験。

アックスが氷に刺さる感触は独特の魅力があります。

アックスの振り方、バランスのよい足場の選び方。基本の姿勢について講習いたしました。

この日は厳しい寒気。

稜線でなくとも身体がこわばってしまいます。

疲れてきたところで早めに小屋へと向かいました。

翌日は天気も最高で昼には気温が上がる予報。

早出しても寒いだけなのでゆったり小屋を出てアプローチ。

それでも取付きで準備していると身体がしびれてきます。

アイゼンで岩に立ちこむ感覚は慣れないと難しく感じますが傾斜はそれほど強くないので丁寧に足を選べば何とかなるものです。

今シーズン一番とも思える最高の天気で展望も最高!

満足の登攀となりました。

冬型でこのところずっと雪雲に覆われていた北アルプスもすっかり姿を見せてくれていました。

厳しさと美しさ。

冬山の魅力。