7サミッツトレーニングで八ヶ岳・赤岳へ行ってきました。

当初はいろいろコースを考えていましたが、最近のあまりに厳しい寒さに赤岳への一般ルートからの登頂となりました。

厳冬期の八ヶ岳の風と寒さはヒマラヤの山に劣らぬものがあるといわれています。

ところで週末のこの日は大変沢山の人が赤岳に登ってました。

そこで目についたのが、あまりに歩行技術が未熟な方々。危なっかしくて足運びを見ているのが怖いです。

最近は冬山登山を始めてその年に赤岳を目指す人が多いように思います。

しかし、赤岳は岩と雪と氷のミックス地帯のあるアルパインエリアです。

滑落は許されないし気象条件も非常に厳しい。

多くの人が登っているから何となく大丈夫そうだと登っている人が多いような気がします。

千里の道も一歩から!

歩み続けることが大事です。