南アルプス・北岳の懐に抱かれた氷瀑と岩壁を訪ねた。
野呂川支流・荒川の出合付近の氷瀑群は1~3ルンゼと名付けられ氷を求めるクライマーが訪れる場所である。


奈良田から野呂川に沿って林道を歩くこと10km。
荒川出合より分かれる道へ入ると2ルンゼ、3ルンゼと沢が出合う。

3ルンゼには有名な「夢のブライダルベール」と名付けられた滝がある。
フリークライミングでもそうだが、もともとの滝の名前ではなく、
初登したクライマーがルート名として名付けることができる習わしがある。


私の所属するJAGU篠原達郎が初登した日本有数のルート。

私も駆け出しの頃、登りに行ったが厳しい試練に見舞われたところ。(詳しくは直接お聞きください)


初日は時間もあまりなかったので、手ごろな3ルンゼ・右のナメ滝へ。
下部の傾斜の緩い部分から取り付く。


氷結も良好で快適にロープを伸ばす。

徐々に傾斜が出てくるが快適にロープを伸ばす。


途中、前日!?に登った人が空けた穴(おそらく)から、かなり勢いよく水が噴出していて飛沫を浴びる。
穴を埋めようとしてスクリューをねじ込んだら飛ぶ方向が変わってビレイヤーの方へ…。

スクリューを縦にする形に入れて何とか栓をする。

後半はナメ滝?と思えるほど傾斜が経ってきたが、快適にロープを伸ばし時間を見て適当なところから下降。

夜はデナリの伊藤君が作ったフォープーンというものを使ってみたが、いろいろな使い方ができて面白かった。