雪山シーズンに本格的に入る前に有志のガイド達と研修会を行いました。

ショートロープを中心に基本技術の確認を行いました。

様々なシチュエーションを想定していろいろと試してみました。

登り、下り、トラバースなどなど。ロープの持ち方を替えたりあえて弛ませてみたり。

あたまでは分かっているつもりでも実際は想像を超えていたり、違うことも多くあるものです。

あえてタブーとされることもとりあえずやってみます。

「百聞は一見にしかず」といったところでしょうか。

技術は時と場合によっては危険なものとなることもあります。

これは失敗例。

失敗から学ぶことも多くあります。それが今回の狙いでもあります。

同じ志を持った仲間との研修会は充実したものとなりました。

「技術は一日にしてならず」。今後も継続していきたいと思います。

 

最後に賢明な読者は既にお気づきかもしれない…私が最近、仕事をしていないことを…。