通いたいと思いつつ、ついつい足は雪や氷へ。

城ケ崎のクライミングは冬がシーズン。伊豆の暖かい気候により真冬でもTシャツで登れるエリア。

関東のフリークライマーにとっては何よりも貴重な存在である。

素晴らしいロケーションに名ルートがずらり、トラッドもスポートも目白押し。

民宿に泊まればお安くおいしい刺身が味わえる。

 

大量の荷物をザックに詰め、過酷な寒さのテントを暗いうちに置きだして、目も明けられない吹雪の中、胸まで没する深雪にあえぐ厳冬の雪山とは対極にあるともいえる。

それでも雪山シーズンが始まる前のこの時期しか城ケ崎に行かないのは山男のサガか!?

城ケ崎には沢山のエリアが点在している。

その中でもまだ足を向けたことのなかった浮山橋のエリア。

 

天気は曇天で伊豆にしてはすこぶる寒く、身体は硬直している。

とはいえアップルートは「ゲルニカ」10dから。

ピカソの名画・ゲルニカに見える!?

出だし被ったシンハンドクラックからの最後はハング越えのパワームーブ。

冷え切った身体には答えたが、気持ちでオンサイト。

星二つ以上あげても良いくらいの好ルートと思われる。

ホールドかけたラウンド・アラウンド敗退後にトラベルチャンス登って看板ルートのスコーピオン12aへ。

写真の左端から右上していくライン。

途中は完全にルーフ状をたどる城ケ崎一の3Dムーブと言われる。

かの山野井さんが初登した名ルート。

結果はオンサイト失敗! …といっても予想通りだが。

ムーブの糸口は掴んだが、シケシケクラックの先はビショビショで結局はおさわり程度。

次回は本気で取り組みたいがいつになることやら。