軍刀利沢(ぐんだりさわ)は奥多摩の生藤山の北面に突き上げる沢。しばらくお休みをいただいていたので足慣らし山行として手ごろな沢登りルートとして以前から気になっていた沢へ仲間を誘っていってきました。雨は降ってましたが気になるほどではありませんでした。


軍刀利沢の出合いは水流少なく穏やかな流れの雰囲気。沢登り初めての青年を連れて行きました。


すぐにきれいな滝が現れます。この沢は短い行程ながら多くの滝をかけゴルジュもあり水流も浴びたり内容は充実しています。


小さいながらも雰囲気のあるゴルジュを通過します。天気のせいで薄暗いのが残念。


易しい滝が連続します。


2段15m滝の二段目。これは直登できないので右から巻いた。

右手が利かないが誤魔化しのテクニックで登る。


この辺は楽しいところ。水流を浴びながら登る。


6m滝。傾斜のある右壁を登るが全部ガバ。上部のぬめりに注意。


「こんな雨の日に来るやつはどうかしてる…」


大分慣れてきたかな。


二俣を過ぎれば稜線はちかい。


仲間の二人はここで女の子の声が聞こえたそうだが…。私もかすかに何か聞こえたが。

いつしか水は涸れ、ひと登りすれば静かな稜線へ飛び出した。

下りは近道しようとしたらやたら急な斜面に出てしまった。

軍刀利沢は短いながら全く飽きさせない内容でかなりおススメです。

次は晴れた日に来たいですね。