梅雨の晴れ間を狙って前穂北尾根を歩いてきました。

数日前の大雨の影響か沢は増水し、登山客はまばらでした。


普段は河原が両脇にありますが、川幅一杯に水が流れています。


いつもの清流は濁流となっています。


おかげで静寂のアプローチ。


徳澤の新村橋より北尾根を仰ぎます。
空は多く雪は白い。緑は深さを増している。


横尾大橋を渡るといつもと違う風景が…

有り得ない方向から水が流れている。


大雨で川の流れが変わって登山道を横切っている。
渡渉ポイントを探したがここが一番渡りやすい場所だった。

靴を濡らしてスクラム渡渉で渡る。


完全に分断された登山道。
流れはかなり早い。


普段見られない場所に美しい池ができていた。
深さは3m以上ありそうだった。


本谷橋以降は問題となる場所はなく涸沢へ。
涸沢にてのんびりして翌朝は3:15に出発。


北尾根へ上がると槍ヶ岳が姿を現した!


浮石に気をつけながらⅤ峰・Ⅳ峰を越えて核心のⅢ峰へ。


易しいクライミングを交えながらTOPを目指す。


Ⅲ峰を登り切れば山頂は近い。
緩やかな頂稜を歩けば前穂高岳。


天気は最高で貸し切りの前穂北尾根でした!

前穂北尾根へ行きたい方はこちら